· 

初、EF

EF

エレクトーン・フェスティバル、ですね。

 

初めて生徒さんに参加してもらいました。

 

私がお世話になっている楽器店さんでは

「フリースタイル部門」といって

本選とはまた別の部門があります。

 

生徒さん自身も初めての参加だったので

まずは度胸試し、というか

雰囲気をつかんでもらえたら…ということで

フリースタイル部門にエントリーしてもらいました。

 

 

…なんでしょうね…独特の緊張感。

 

 

実は私自身

こういったものには参加したことがなく(自分が生徒の時に)

 

以前書いたか…?

ちょっと後でさかのぼってみますが

 

いいのか悪いのか

生徒だった期間が短いのです、私。

エレクトーンを始めたのも19歳の時で

20代入ってまだそんなに経たないうちに

ひょんなきっかけでこの仕事をさせていただくことになり。

 

ということもあって

こういった場に出ることもなく

この職業についてしまったのでした。

 

仕事を始めてから

この世界のことを勉強し始めた、という部分も

正直あります。

 

でもそれは言い訳にはならないので。

しっかりキッチリ。

ちゃんと補完していきます。

 

 

そんなこんなで

まったくわからない世界だったので

昨年のEFを見学させていただきまして。

 

初めて目にするいろんなことを

自分なりにメモを取り

 

生徒さんと一緒に今年、初挑戦、しました。

 

 

審査員の先生方から講評をいただく、というのは

貴重な体験ですね。

私自身もそのコメントを読んで

いろいろと来年以降…いや、今日からのレッスンにいかしていかなくちゃな、と思うことが複数。

 

 

生徒さんも

普段の発表会だと

どうしてもエレクトーンの演奏ばかりではなく

ピアノの生徒さんもまじって…の合同発表会に参加していただいているので

もうちょっとエレクトーンの演奏聞きたかったな…という感想が出ていたりしたので

そういう意味では

最初から最後までエレクトーンの演奏しかないという

貴重な場を体験してもらえてよかったかな、と。

 

何よりも。

 

「同学年の生徒さんが今どんな曲をどんな感じで弾いているのか」

 

これをしっかり見聞きできたことは

大きかったんじゃないかなと思っています

 

 

 

…私も練習しなくちゃな。

 

帰ってきて、そのままエレクトーンに向かいました。

 

他の方の演奏を聞いてくると…なぜかそんな気持ちに。

 

 

 

また来年。

さぁ今度はどうなることやら?

 

私もまた1年、精進していこうと思います。