· 

「音符、楽譜が読めない子は弾けない」のではなく…

今日の研修会は2本立て。

1本目はエレクトーンのアレンジに関するもの。

4月にお話聞かせてくださった先生の

配信による研修でした

(全国で同じように研修が受けられるように、配信のカリキュラムもあるのです、全日本エレクトーン指導者協会(jet)には。これも内容がかなりすごい!)

 

2本目はPSTA(piano-study teachers' association)の先生による

NEWピアノスタディ(教本)の研修

 

エレクトーン教室とはいっても

ピアノの生徒さんが在籍する教室は少なくないので

こういった内容の研修もあります

 

(私の教室にもピアノの生徒さん、いらっしゃいます)

 

この「NEWピアノスタディ」という教材

私も使っているのですが…

…ちょっと(だいぶ?)目から鱗。

そっか…そういうことだったのか…

自分なりに教材研究はしていたつもりでしたが

やはり

教材をお作りになった先生から直接伺うお話というのは

本当に唸ってしまうような内容満載です。

 

 

 

「音符が読めない、楽譜が読めない子は弾けない」のではなくて

「音符が読みたくなるような…楽譜が読みたくなるように」

 

 

 

先生の仕事って

まさにそこだよな…って

しみじみと共感しました。

 

 

「先生のお仕事って…種をまいて、水をあげて。将来どんな芽が出てくるだろう…どんな芽が出てくるか楽しみじゃない?」

 

そんな風に

目を輝かせておっしゃる先生のお話

本当だよなぁ…まさに、だよなぁ…って。

 

 

先生が弾いてくださったテキストの曲も

とっても素敵で

 

まだ購入してなかった後半のテキストだったので

しっかり購入して帰宅。

 

…いいじゃん、いいじゃんコレ♪

こういう感じ好きな生徒さんいるぞ♪

 

次のレッスンでオススメすべく

私ももうちょっと弾きこんでおこう。

 

 

 

くしくも。

(ちょっと脱線します)

本日、ピアニストの清塚信也さんのアルバムを手にしたばかり。

 

 

SEEDING

 

 

種をまく…ほらここでも♪

 

 

 

そして私の大好きな嵐の櫻井翔くんも(脱線がだいぶひどくなってきた)

書いたRapのLyricの中で言ってます

 

 

"蒔いてた種たち咲いてく"

 

 

…ほら♪

 

 

 

脱線はこの辺にします(ごめんなさい)

 

 

でもね

やっぱりそうなんだと思う

 

さぁ

私も今まで通り、今まで以上に種をまこう。

 

 

どんな芽がはえてくるか…楽しみにしながら…