· 

弾きたい曲は「旅立ちの日に」その理由に驚くやら感動するやら!Yさん、一緒に夢叶えましょう!!(80代・女性・ピアノ)

こんにちは。

 

東京都足立区でエレクトーン教室・ミュージックベル教室を開いております「co-nekoみゅーじっく・こねこのて音楽教室」の檜垣(ひがき)です。

 

出張レッスン中の生徒さんから、ご連絡をいただきまして。

体験レッスンなしでご入会!してくださった生徒さんは…なんと80代、ピアノ初心者の方でした。

「先生、ピアノのレッスンってやっていらっしゃいますか?」


いつも一緒にレッスンしている生徒さん宅から、そう連絡をいただいたのは、1週間ほど前のこと。

お知り合いの方がピアノを始めたいと。


先生、エレクトーンの先生だから…ピアノの生徒さんってどうなんだろう?と、先に聞いておこうと思ってくださったのかな、と。ありがとうございます。

 

「どんな感じの方なんでしょうか?」と、ちょっと突っ込んで聞かせていただくと…

 

・80代のおばあちゃま

・レッスンに通って行くのは難しいから、「来てくれる先生」を探している

 

とのこと。

 

なるほど。

「来てくれる先生」…行く先生、です私。

行けます。うん。

 

どんな理由でピアノを習いたいんだろう…

この理由が生徒さん宅からのLINEには書かれていませんでしたが、まずは一度お話したいとのことでしたので、ご連絡とらせていただいて、お邪魔させていただくことにしました。

「旅立ちの日に」を弾いてみたい!


紹介してくださった生徒さん宅からも近くて。

場所もすぐに分かるところでした。

 

聞けば、紹介してくださった生徒さん宅のお子さんと、お邪魔させていただくお宅のお孫さんが一緒の幼稚園だったそうで。

普段から仲良くさせてもらってるんです、と。

 

お邪魔させていただくと…ピアノありました♪

実は、結構よくあることなんですが、ピアノを習いたい、とご連絡いただいて、お邪魔するとピアノじゃなくてキーボードのお宅も少なくないんです。


むしろ、エレクトーンを教えているので、キーボードがあると、それはそれでいろいろ「あんなことも…こんなことも…」って思うんですが(ほら、音を変えたり、リズム出して弾いてみたりとか、いろいろできるじゃないですか)


リビングには木目調のアップライトピアノが♪

 

「買い替えたんです、習いたくて」

 

えっ!?

今回、習い始めるにあたって買い替えた!?

 

「調律は…」

「してます。調律師さんがまた来るって言ってました」

 

おぉ…

調律師さんもちゃんと来てくださる買い方をしてくださってる。

(ここ、結構大事な気がします。生ピアノはちゃんと定期的に調律しないと)

 

これからピアノを始めたい、という、その80代のおばあちゃまYさんと、そのお嬢さんのお2人で出迎えてくださいました。

 

「月3回ぐらいかな、やってみようと思うんです」

「分かりました。では、30分レッスンを3回ですね」

「いやいや、60分を3回」

 

えっ!?

当教室で今までにはないパターンですが…大歓迎♪

「生徒さんファースト」の教室ですもん。

ご要望に沿って、お一人お一人のレッスンをカスタマイズしていく、作っていけるのが「こねこのて音楽教室」(足立区)です。


もちろん喜んで♪

たくさんやりたいってご希望も、もちろんもちろん♪


手元資料として持っている月謝の表を見ながら、「すみません、暗算ニガテなもので…」とスマホで計算し直し(間違えてもいけないし)

 

「少し弾いたことはありますか?」

「少しは」

「でも両手別々には動かないよね?」とお嬢さん。

「そうだね」

 

お嬢さんもピアノ経験者だとか。

でも弾けないんです、って(多分きっとご謙遜…)

 

「何か弾きたい曲があって、習い始めてみよう…と思われた感じですか?」

「そうなの。あのね、笑わないでね。『旅立ちの歌』を弾きたいの。弾いて、それを録音して、それで私が旅立ちたいの!」

まさかの動機。でも、お話を聞けば聞くほど素敵だな…って


大人の方がピアノを習い始めたい、という理由は様々です。

(エレクトーンも、もちろん)

 

  • 「子供の頃習っていて、また趣味で始めようと思って」

よく伺う理由です。

昔弾いていた曲を弾いてみようと思って楽譜引っ張り出してみたら…弾けなくなっちゃってて、なんて。

一緒にまた弾けるようにしていきましょうね!ってレッスンを始めることが多いです。

 

  • 「子供が習い始めたので、私も分かるように」

お子さんがいらっしゃるママさんの習い始める理由として、多いと思います。

宿題で持って帰ってきたものを、隣で見てあげられるように、って。

習い始めてママの方がのめり込んじゃうケースも(大歓迎♪)

 

  • 「好きなアーティストさんに憧れて」

何歳から始めたっていいんです♪

そう、好きこそものの…なんとやら。

憧れて「俺も!私も!」ステキなことです♪

必然的にレッスンする曲はそのアーティストさんのものばかりになったり(笑)いいんですいいんです!

(そして気づくと私もそのアーティストさんにハマることが(笑)沼に引きずり込まれる系(笑)大歓迎です!!)

 

(参考ブログ…「私が嵐ファンになったのは…今まで出会った生徒さんを振り返って」←まさに!のケース)

 

  • 「イベントで弾きたくて」

結婚式の余興でサプライズで弾きたい!とか。

卒園式、謝恩会などの場で弾くために、とか。

そうそう、ご自身がご結婚するにあたって、記念にご自身が弾きたいという理由も伺ったことがあります。ステキですよね♪

 

しいていうならば。

「イベントで弾きたくて」に、当たるんだと思うんですが…それがまさかご自身の「終活」として、だとは。

 

でもね、お話うかがえばうかがうほど…なんて素敵な「ピアノを始めたい」理由なんだろうと思って。

できたら、ご自身で弾いたピアノ伴奏を録音して、歌いたいんですって。

「弾き語りでも、別々に録音でも、それはどちらでも。自分の演奏を録音して流したい」とのこと。

 

夢が広がります…!!

 

 

「…間に合いますかね?先生?」

 

何がですか!!

 

何がですか、っていうか、間に合う間に合わないって…えぇ!?

 

何と答えるのが正解なのか分からず、でしたが、いろいろお話をしているうちに、多分こう答えていいんだろうなと思って。

 

「間に合うも何も!間に合わせますよ!そして何ならもっと弾きましょうよ!」

 

 

ご自身の、その日に。

ご自身が弾いて歌った曲で旅立ちたいって…なんて素敵な目標なんだろうと思って。

 

1曲だけじゃなくて、何なら最初から最後まで全部違う曲で。

CDアルバム作るぐらいの勢いで、いろいろ弾きましょうよ、Yさん。

 

 

「楽譜通り弾けるかしら」

「試験じゃないんですから、弾きやすいように直しますよ、気持ちよく弾けるように」

「…それいいわね」

 

そう思っています。

楽しんで弾きたい!のであれば、楽譜通り1音たりとも間違えずに…じゃなくてもいいって。

ご本人が弾いて満足していただけるように、少し手を加えてもいいかな、と。

もちろん、これでこの後どこかコンクールに出る!とかって話になってくると、著作権の話とかも無視できませんが。

 

「夢が広がるわぁ~!夢は大きく!楽しいじゃない、その方が」

 

目をキラキラさせながら話してくださるYさん。

お力添え、全力でさせてください!!

 

 

お手持ちのカレンダーに、レッスンの予定を書き込んでくださいました。

 

「曜日を変えることもできるのね?」

 

3月はすでにチケット制レッスン、オンラインレッスンでそこそこに予定が埋まってしまっていました。

4月からは〇曜日の△時~って固定しますけれど、とお伝えしたら

 

「前もって分かってて、例えば、今はこんな世の中(コロナ禍)だからそんなにないけど、外出られるようになってきて、お友だちが誘ってくれてどこか行くってなったら、その日だけ変えてもらっても?」

「もちろんですよ、当日の朝とかじゃなければ」

「それいいわねぇ!そっちの方が助かるわ!」

 

ニコニコしながら、予定を書き込んでくださいます。

 

毎月、来月のレッスンカレンダーが書いてあるおたよりを渡しますからね。

そこへYさんのレッスン日は書いておきますけども、都合の悪い日があったら早めに言ってくださいね。他の生徒さんの予定が入ってないところであれば振替してますから…と。

 

 

教室規約とか、私の連絡先とか、教室イベント、月謝の支払い方などを印刷して、1つのファイルに入れてお持ちしました。

「これからおたよりも、よかったらこのファイルに入れてくださいね」

 

このファイルを見れば、全部書いてあります、って。

ホームページや、公式LINEアカウントからの告知を見ていただくのは大変かも知れないなと思い、まずは紙で。

そのうち、ネット環境もいろいろ整っていっちゃうかもだけど♪

気付いたらYouTube見て、楽譜探してお好きなもの見つけてポチ!なんて。

大歓迎です♪

「宿題あるの、うれしいわぁ」


バイエルだけ、1冊だけ、お持ちだったんです。

全音から出てる、青い表紙のバイエル。

 

「弾いてみられました?」

 

何をどこから弾いていいものやら…

確かにそうですよね。

初めて見る楽譜って、何をどこから…って思いますよね。

 

「よかったら、今度私が来るまでの間、ここからここまで弾いてみてもらえますか?1回弾いていきます」

 

鍵盤のドレミファソラシドは分かっていらっしゃいましたので、この楽譜の「ド」はどこなのか、という話をして。

 

「そっか、そうやって見るのね…」

 

最初はそこからやりますよ、もちろん♪

 

「これが繰り返しのマークなので、ドレドレ…戻ってもう1回ドレドレ…もう繰り返したから、今度はそのまま進んでドーって」

 

うんうん頷きながら見ててくださいます。

サッと手を出して、すぐにまねして弾いてくださって。

 

「いいですね!いい音出てます♪左手も弾いちゃいましょうか!」

「左手も?指は?」

 

バイエルの最初には、本当は左手の曲はありません。

でも。

これから目指す「旅立ちの日に」は両手演奏になるはず。

少しでも夢に早く近づくため…左手も弾いちゃいましょう♪

 

「指は…こうしましょう!」

 

動かしやすそうな指から始めてみて。

徐々に書いてあるとおりに。

でも弾きにくかったら、その時は変えますねって。

 

「いいわぁ…変えてくれるっていいわぁ…」

 

 

また来ますね!じゃ、来週!とYさん宅を後にしました。

お嬢さんに「お時間作っていただきありがとうございました」とメール送らせていただいて。

「楽しみが増えたわ、と喜んでいました」と返信いただきました。

 

楽しみがもっともっと楽しくなるように。

 

ご満足していただけるように。

楽譜、少しずつ書き始めました。

 

来週のレッスンスタートが今から楽しみです!


体験レッスン、「やりたい!」と思った時がレッスンの「はじめどき」です♪時期を問わずいつでもどうぞ!

対面での体験レッスン、オンラインでの体験レッスン、どちらも対応しております。

体験レッスンについてのご質問、対面レッスンについてのご質問、オンラインレッスンについてのご質問、お気軽にどうぞ!

 

体験レッスンなしで即ご入会の生徒さんもいらっしゃいます(*^-^*)大歓迎です!

 

お申し込み・お問い合わせボタンをポチ!っとどうぞ!! ↓↓↓


↑「公式LINEアカウント」できました!↑

 

ぜひポチっ!と「友だち登録」してくださいね♪(押していただくと、登録画面になります)

友だち登録したら、ぜひぜひ話しかけてください!お返事が届きます♪

ブログ更新のお知らせや、いろんな情報が届くかも!!

 

体験レッスン受付中です!

体験レッスンのお申し込みも「公式LINEアカウント」便利です!

1対1でやりとりできます♪

 

演奏のご依頼、ご相談等のお問い合わせにもお使いいただけます。

 

お問い合わせの際は…

・お名前
・おすまい、所在地(だいたいの場所で結構です)

 

【レッスンご希望の方】

・所有楽器(分かる範囲で大丈夫です)

・ご年齢(お子様の場合は学年、大人の方は40代、50代…など、年代だけでもお伝えいただけると助かります)

・レッスンの目的(お子様の習い事として、イベントに向けて1曲仕上げたい、老後の楽しみとして…etc…)

・今後のご連絡先のご希望がございましたらお書き添えください

 

【演奏ご依頼の場合】

・演奏ご希望の日時(あくまでもご予定で結構です)

・演奏場所の情報

・ご予算や演奏時間

・その他、お打合せしておきたい内容…etc…

 

差し支えのない範囲でお聞かせいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします♪


(各ブログランキング(4つ)に参加しています。

ブログを書いていてとても励みになります♪

 

すみません、なんか、いっぱいポチポチしていただくのも大変だし…と思って

4つに絞りました。(でも4つもあるんかいっ)

 

もしよろしかったらポチっとよろしくお願いいたします♪)

 

 

↓↓↓↓↓ こちらをクリック! ↓↓↓↓↓

 

そうなんです!!

先日、「にほんブログ村」の「エレクトーンブログ」ランキング

第2位にならせていただきました\(^o^)/

「ポチ」ってくださった皆さま

本当にありがとうございました!!

これからも楽しく読んでいただけるブログを書き続けていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

そ・し・て!!

「人気ブログランキング」の「エレクトーン部門」…ついに1位に\(^o^)/日本一\(^o^)/

ポチっと押して応援してくださる皆さまのおかげです!!

本当にありがとうございました。

これからも遠慮なく押してください♪

 

ぜひ「ポチ」っと♪

お願いいたします!!

 

日々の皆さまの「ポチっ」が

順位の安定にもつながります…♡