· 

楽譜を「浄書」する、ということ

こんにちは。

 

東京都足立区でエレクトーン教室・ミュージックベル教室を開いております「co-nekoみゅーじっく・こねこのて音楽教室」の檜垣(ひがき)です。

 

普段、一緒に画面越しで意見交換とかアンサンブルをさせていただいている先生方がいるのですが。

そこで楽譜を「浄書」する話になりまして。

意外と知られていない「浄書」の「てまひま」


手書きなどの楽譜を、出版物で出されているような楽譜に書き換える作業のことを「浄書」と呼んでいるようです。

今はパソコンでキレイに打ち込めるソフトやアプリもあるので、昔よりは身近な作業になってきましたが…これ、意外と結構な作業時間かかりまして…

 

「楽譜 浄書 値段」とかって調べてみていただくと分かるのですが、結構いいお値段です(=大変、ということ)

 

私も普段から自分で弾く楽譜は手書きで書いていることが多いですが、誰かに渡すとなると、打ち込みます。印刷します。

バーッ!と自分で書いた楽譜も、後から見直してみると…意外と雑(ざつ)に書いてあることもあって。

「ん?これはソか?ラか?」なんてこともあったり。

「エリーゼのために」の楽譜の話、知ってますか?


諸説あるようなので、本当かどうかは謎ですが…

 

あの有名な「エリーゼのために」

出版されている楽譜を見比べてみると、ちょっと違っていたりするんですよね。

 

特に一番最後の部分。

①それまでと同様に「ミドシラ~」で終わるもの

②最後のこのフレーズだけ「レドシラ~」になっているもの

 

私が子供の頃、ピアノを習っていた先生は、こんなことをおっしゃっていました。

「ベートーヴェンって、字がきたなかったんだって。楽譜を書くのもあまりキレイに書いてなくて読みにくかったみたいで。最後のところだけ「レドシラ~」って書いてある、らしいんだよね。だからこの楽譜を使ってね」

 

渡されたピアノピースは海外のもの?のようで。

日本語は一切書かれていませんでした。

「エリーゼのために」の楽譜のみ、のもの。

 

その楽譜の最後は「レドシラ~」でした。

 

割と最近聞いた話なのですが、あの有名なフレーズ「ミドシラ~」は、実は全部「レドシラ~」なんだよ、という説。

そうなの!?

さっき書いた①②だけじゃなくて、③の説もあるんかい!!って驚きました。

 

と、いうぐらい…楽譜の解読って、結構難しかったりするんです。

 

歴史関係のことも好きなので。

ちょろっと古文書みたいなものも見たりすることあるのですが(読める、とは言い難いレベルですけれども)

今よりも「識字率」がぐっと低かった時代。文字を書ける人は少なかったわけで。

でも。

そんな少数の「文字を書ける人」の中にも「クセ字」の方がいらっしゃったりして。

「くずし字辞典」をいくら見ても…ひたすら唸っちゃうような文字の方もいらっしゃるんです。

和歌だったりすると、漢字を創作しちゃってる方が出てきたり(^_^;)こうなるともうお手上げ。

 

楽譜も、歴史的に言うならば…まだ数百年の歴史ですが、その中でも変遷はあるわけです。

クセの強い(笑)書き方の方もいらっしゃる、でしょう、人間の書くことですから…

私が使っているソフト&アプリ


jet(全日本エレクトーン指導者協会)講師になったばかりのころに研修会で学ばせていただいた「Finale」というソフトを使っています。パソコンで楽譜を書く「ノーテーションソフト」というジャンルになります。

 

Finale | フィナーレ - 世界標準の楽譜作成ソフトウェア

 

購入した時は、研修会参加の方は安く購入できますよっていうので買わせていただいて。

2004というバージョンでした。

その後バージョンアップを何回かしたのですが、手元にあるものは現状2010(^_^;)

この機能以上のことはあんまりやらないしな…って、バージョンアップ止めちゃったんです。

 

その後。

 

それこそ昨年のコロナ禍突入直後の話です。

大好きなギタリストさん「押尾コータロー」さんが、ご自身のラジオで「俺、Stuff Padずーっと使ってる」という話をされていて。

なんじゃそりゃ?と思って調べたら…タブレットに手書きで楽譜を書くと、印刷物みたいにキレイにしてくれるという優れもの。

そうそう!2015年ごろにそのCMを見て「なんて時代がやってきたんだ…」って思った記憶が。

 

そのStuff Padが、2020年2月から?iPad版リリースされたと聞いて。

(それまではSurface限定だった模様)

iPad買ったばかりでしたが、迷わず購入しました。

アプリとしてはちょっとお高めの11,000円。でも迷う要素なし!!

 

Stuff Pad(App store)

 

私が購入した当時は、英語版しかありませんでした。

ものすごく英語が苦手な私、四苦八苦。

その当時、とってもお世話になったのが…こちらのユーチューバーさんです。

 

【ごじだつTube的レビュー】ついに出た!!StaffPad for iPadレビュー!#1 オーバービュー【StaffPad for iPad】

 

涙が出るほどありがたい解説でした…

このシリーズ、何度見たことか。

チャンネル登録、グッドボタンもちろんです!

 

気付けば今は日本語対応になってますが(;^ω^)

最初日本語が出た時…気持ち悪かった(笑)←英語苦手なくせに

 

4月末から。

アンサンブルスコアのうちの1パートを分担で打ち込むことになり。

Finaleで提出だったんですが…なぜかこういう時に限ってMIDIキーボードを認識しなくなる私のPCくん…

他の先生をお待たせするわけにいかないので、Stuff Padで書き込んで、ファイル形式合わせてPCに取り込んで、Finaleで開いて最終調整をするという、なかなか遠回りな状態に(;^ω^)

 

MIDIキーボード…なぜだ…

直さねば。

 

でも。

用途に合わせていろいろ使えると便利なのかも、って思いました。

最近はStuff Padばかり使っていたので、Finale忘れちゃってて良くない!と。

これを機にバージョンアップもしちゃおうかな。

 

楽譜書き、って、ちょっと翻訳作業に似ているのかもなって思ったここ数日でした。


体験レッスン、「やりたい!」と思った時がレッスンの「はじめどき」です♪時期を問わずいつでもどうぞ!

対面での体験レッスン、オンラインでの体験レッスン、どちらも対応しております。

体験レッスンについてのご質問、対面レッスンについてのご質問、オンラインレッスンについてのご質問、お気軽にどうぞ!

 

体験レッスンなしで即ご入会の生徒さんもいらっしゃいます(*^-^*)大歓迎です!

 

お申し込み・お問い合わせボタンをポチ!っとどうぞ!! ↓↓↓


↑「公式LINEアカウント」できました!↑

 

ぜひポチっ!と「友だち登録」してくださいね♪(押していただくと、登録画面になります)

友だち登録したら、ぜひぜひ話しかけてください!お返事が届きます♪

ブログ更新のお知らせや、いろんな情報が届くかも!!

 

体験レッスン受付中です!

体験レッスンのお申し込みも「公式LINEアカウント」便利です!

1対1でやりとりできます♪

 

演奏のご依頼、ご相談等のお問い合わせにもお使いいただけます。

 

お問い合わせの際は…

・お名前
・おすまい、所在地(だいたいの場所で結構です)

 

【レッスンご希望の方】

・所有楽器(分かる範囲で大丈夫です)

・ご年齢(お子様の場合は学年、大人の方は40代、50代…など、年代だけでもお伝えいただけると助かります)

・レッスンの目的(お子様の習い事として、イベントに向けて1曲仕上げたい、老後の楽しみとして…etc…)

・今後のご連絡先のご希望がございましたらお書き添えください

 

【演奏ご依頼の場合】

・演奏ご希望の日時(あくまでもご予定で結構です)

・演奏場所の情報

・ご予算や演奏時間

・その他、お打合せしておきたい内容…etc…

 

差し支えのない範囲でお聞かせいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします♪


(各ブログランキング(4つ)に参加しています。

ブログを書いていてとても励みになります♪

 

すみません、なんか、いっぱいポチポチしていただくのも大変だし…と思って

4つに絞りました。(でも4つもあるんかいっ)

 

もしよろしかったらポチっとよろしくお願いいたします♪)

 

 

↓↓↓↓↓ こちらをクリック! ↓↓↓↓↓

 

そうなんです!!

先日、「にほんブログ村」の「エレクトーンブログ」ランキング

第2位にならせていただきました\(^o^)/

「ポチ」ってくださった皆さま

本当にありがとうございました!!

これからも楽しく読んでいただけるブログを書き続けていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

そ・し・て!!

「人気ブログランキング」の「エレクトーン部門」…ついに1位に\(^o^)/日本一\(^o^)/

ポチっと押して応援してくださる皆さまのおかげです!!

本当にありがとうございました。

これからも遠慮なく押してください♪

 

ぜひ「ポチ」っと♪

お願いいたします!!

 

日々の皆さまの「ポチっ」が

順位の安定にもつながります…♡